病理科への医師転職について

病理科は、臨床検査のうち病理診断や細胞診断などを通じ、他の診療各科に情報を提供する部門です。

この部門は、患者さんと接触する機会が少ないものの、治療方針の決定から治療効果の判定まで、現代の先端医療に欠かせない重要な役割を担っています。

そして、この部門の医師は不足している傾向が強く、日本医師会の、病院における必要医師数調査によれば、不足率がかなり高くなっています。

実際問題として、全国で必要医師数に達していない病院が多くなっています。そのため、病理科への医師転職に関しては、そのニーズが高まっていると言えます。

病理科への医師転職を考えている方は、新たな勤務先が見つけやすいかもしれませんね。これから医師転職を検討しているのであれば、病理科についてもチェックしてみてはいかがでしょうか。