メールでの離婚相談と顔合わせ

仲がこじれて離婚相談を誰かに依頼する折にメールだけで完結させるには、状況判断能力と文章力の高さを両立させられていることが条件です。

メールに載せる文字数には制限があるために、長々と離婚相談の本旨を説明できる余裕はないものと受け止める姿勢が必要です。

もう一方で離婚相談で大切になるのは、卓越した文章能力である旨も忘れるようなことがあってはなりません。簡潔な内容を心がけたがために、言わんとすることが正しく伝わらない事態を招く可能性が否めないからです。

両者の能力を高い次元で両立できさえすれば、先方との顔合わせは不要になります。