麻酔科医の医師転職の特徴

以前は非常勤勤務中心に活躍する人が多かった麻酔科医ですが、最近では常勤での麻酔科への医師転職が増えてきており、多様な働き方を選ぶことができる状況にあります。

医師転職での採用の際には自分の希望を聞いてくれる求人が多くあり、当直や宅直を選ぶことができたりするようです。

安定した収入が得られ、医師としてのキャリアを積むことができる国公立の病院における求人募集も多く見つけることができます。

採用の際の評価としては、実績が重視される傾向があり、手術麻酔の得意分野や不得意分野、並列麻酔の可否、術後管理の可否、今までの症例経験などを聞かれることが多いです。

麻酔科医に医師転職を考えている方は自分の実績についてまとめておきましょう。